シミにはハイドロキノンとトレチノインで撃退

日焼けや加齢によって出来てしまったシミやそばかす、色素沈着してしまったニキビ跡、気になりますよね。ハイドロキノンとトレチノインで出来てしまったシミを改善させる事ができます。

最近薬局でもハイドロキノンが売られるようになったので、ご存知の方もいるかと思います。
ハイドロキノンは、シミの原因になっているメラニン色素を生成するメラノサイト細胞を減少させて、メラニン色素の生成を抑えてくれます。そのためハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われています。そのため肌への刺激も強いので、ハイドロキノンの使用には十分気をつける必要があります。

トレチノインとはビタミンA誘導体(レチノール)で、肌に塗るとターンオーバーを促進して、肌の深い層にいるメラニン色素も外に出す働きがあります。ターンオーバーを促進して肌を生まれ変わらせてくれるので、シミの他にもシワやニキビ跡などにも効果があります。アメリカではお肌の若返り薬として非常に高い多くの方に使われています。ただ、こちらも効果が強いだけに、お肌への刺激は強いものになります。トレチノインの使用も十分に気を付ける必要があります。
⇒ハイドロキノンとトレチノインのくわしい使い方はこちら

ハイドロキノンで出来てしまったシミを薄く無色化していき、トレチノインでターンオーバーを促進して肌を生まれ変わらせる事で、劇的にシミを改善する事が期待できます。皮膚科ではハイドロキノンとトレチノインはセットで使う事を推奨しています。治療中は必ず日焼け対策をしましょう。日焼けしてしまうと、そのまま赤みなどが残ってしまう事があります。

とても魅力的な薬ですが、その分副作用も強いので、自分の判断での使用は避け、皮膚科を受診して処方してもらいましょう。正しく使って、肌の悩みを改善していきましょう。